11.16 名張市「積田神社」

  伊賀名張ブロック


2019年4月交流会

        (名張市武道交流館いきいき1階 まちづくり活動室)
                            2019年4月25日13時〜15時半
 今回は、名張市の「錦生市民センター」の"マジック教室"で、教材の開発や技術の

向上に励みながら、学校や施設の要望に応じてボランティア活動をされているお二人

が私達の活動を理解して、マジックを披露して下さいました。


マジックを楽しんだあと、意見交換を行いました。

「参会のみんなが必ず意見を述べる」を原則にして、日頃の悩みや問題点、工夫して

いることや改善できたことを出し合いました。

その内容をお互いに理解しあいながら、自分自身を見直す機会になったのではと思って

います。


多くの方が、デイサービスのリハビリに通っておられます。

少しでも軽くスムーズに体を動かせるように、そして、転倒して骨折などの怪我のない

ようにするためにも、リハビリを継続する大切さを共通理解しました。

合言葉は「リハビリすれば動ける」です。


パーキンソン病が難病医療費助成制度の指定から外れるのでは?と言うことを危惧

しています。

国の財政に関わることですから、心配ないとは言い切れません。

いちばん手短な方法は、「署名を集める」ことだと思います。国民(患者)の声が多け

れば多いほど国も関心を深めてくれるに違いないでしょう。



  熱演される山本さん(左側)と山崎さん(右側)       意見交換される会場の様子